全国のるるぶいろんな雑誌200種類
月額500円(税抜き)で読み放題
→ こちらをクリック

青森の桜といえばどこ?


(出典:https://kanko.travel.rakuten.co.jp/aomori/spot/S2000128_photo.html)

青森の桜は有名ですよね。バスツアーが組まれ、全国からたくさんの観光客が訪れます。

青森の桜といえば、弘前公園のソメイヨシノが有名ですが、他にも名所がたくさんありますよ。

青森の桜の名所付近でお得に泊まれる宿・ホテルはまだある?
→ 楽天トラベルで確認する

弘前公園の桜は、日本三大夜桜の1つ。

弘前公園の桜は「日本三大夜桜」といわれています。他の2つは、東京都の「上野恩賜公園」と新潟県の「高田公園」です。

弘前公園の桜と言えばやはり夜桜


(出典:https://kanko.travel.rakuten.co.jp/hanami/aomori/spot/K118589.html)

弘前公園の二の丸のソメイヨシノは現存するソメイヨシノの中では日本最古といわれています。

弘前公園には樹齢100年を越すソメイヨシノが400本以上あるそうですが、ソメイヨシノの寿命は60年から80年とされており、樹齢100年を越すソメイヨシノがこんなにたくさんあるのは、保存のための管理技術がすばらしいことの証で、凄いことなのだそうです。

 

弘前公園の桜は夜桜だけじゃない


(出典:http://moiwa.sapporo-dc.co.jp/nightview/index.html)

弘前公園の桜と言えば夜桜が有名ですが、昼間も負けていません。

弘前城の天守閣から真っ青な空と岩木山をバッグにして見る弘前公園の桜は最高です!

弘前城のお堀からも桜と岩木山を写真におさめることができます。

昼間の桜もぜひお楽しみください。

青森の桜の名所付近でお得に泊まれる宿・ホテルはまだある?
→ 楽天トラベルで確認する

 

弘前城の工事はどうなった?

弘前城の工事とは?

現在、弘前城本丸の石垣が外側に膨らむ「はらみ」がみられ、大地震などが発生した場合、崩落する危険性があると指摘されています。

弘前市では平成20年から「弘前城跡本丸石垣修理委員会」を組織し検討を重ね、天守真下から本丸東面にかけての一部、約100メートルと南面の約10メート ルを修理することになりました。

弘前市では少しでも早く戻すことができないか検討を進めています。
今回の修理が終了すれば石垣がさらに長持ちし、崩落する危険性も少なくなります。
10年という年月はかかりますが、未来の弘前城・弘前公園のためにも見守っていきましょう。
全国的にも城が動くのはなかなか見られない光景ですので、曳屋される期間もぜひ弘前公園へ遊びにいらしてください。(引用:https://www.hirosakipark.jp/ishigaki.html)

ということで、まだ工事は終了していません。

 

弘前城の工事はいつ終わる?

10年の年月がかかるということで、2014年から工事が始まっていますので、完成は2024年頃ということでしょうか?

青森県は「弘前城が動く」というキャッチコピーで、工事も観光の目玉にしています。

工事の過程を見るのもまた一興ですね。

いつもと違う桜風景を写真におさめてみませんか?

 

弘前公園の他にもたくさんの桜の名所が! 情報は「るるぶ」におまかせ


青森だけでなく、全国のるるぶ
いろいろな雑誌200冊
月額500円(税抜き)で読み放題!

今なら初月無料で試せます。
→ こちらをクリック

旅行先を調べるのに強~い見方になってくれるのが雑誌「るるぶ」。でも毎年新しいのが出版されて、すぐに情報が古くなっちゃう。おまけに旅行に行ってしまうと、その後、ほとんどの「るるぶ」に用事がなくなってしまいます。ブックオフにすぐに売りに行ったことがありますが、その時の買取価格は50円でしたΣ( ̄□ ̄;)ガーン 楽しい旅の思い出にケチをつけられた感じがするのは私だけでしょうか?

そんな葛藤を解消してくれるのが、今話題の「サブスクリプション」。電子書籍の読み放題ってやつです。

るるぶがスマホで読めれば、旅先で雑誌を持っていかなくてもいいし、旅先で本を開かなくてもいいので超便利でした。(旅行が終わったら、その月のうちに解約させてもらいましたが、解約は簡単にできました。)

ブック放題なら、月額500円(税抜き)で全国のるるぶ(最新版)が読み放題。その他、フライデー女性自身などの芸能誌オレンジページサンキューなどの料理雑誌、oggiJJなどのファッション誌、将棋・野球・車などの趣味系雑誌など200種類読み放題!  漫画好きな方なら、漫画本も読めますよ。

今なら初月を無料でお試しできます。
→ お試しはこちら


(出典:https://bookhodai.jp)