全国のるるぶいろんな雑誌200種類
月額500円(税抜き)で読み放題
→ こちらをクリック

北海道と言えば雪祭りの会場の大通公園


(出典:https://travel.rakuten.co.jp/mytrip/ranking/spot-hokkaido/?l-id=f_gw_hokkaido_mt_01)

テレビの中継でよく見る公園で、「雪まつり」の会場として知られる有名スポット。でも賑わうのは冬だけではありません。春は「ライラックまつり」、夏は「YOSAKOIソーラン祭り」。私のおすすめは秋に開催される「オータムフェスト」。北海道の食が集合する、超おいしいイベントです。

ゴールデンウィーク(GW)2019
北海道のお得に泊まれる
宿・ホテルはまだある?

→ 楽天トラベルで確認する

北海道のシンボルマーク的存在 さっぽろテレビ塔


(出典:http://www.tv-tower.co.jp/)

大通公園の東端に建っているのが「さっぽろテレビ塔」。展望台があり、まっすぐに続く大通公園の風景や札幌の街並みを一望できます。夜はさっぽろテレビ塔から見る夜景がキレイ。

大通公園・さっぽろテレビ塔 周辺のグルメ情報は るるぶにおまかせ


北海道だけでなく、全国のるるぶ
いろいろな雑誌200冊
月額500円(税抜き)で読み放題!

今なら初月無料で試せます。
→ こちらをクリック

旅先に本を持っていかなくていいから超便利♪♪

北海道と言えばやっぱり雪祭り


(出典:https://travel.rakuten.co.jp/mytrip/trend/yuki-matsuri/)

日程は毎年若干変わりますが、雪まつりが開催されるは2月初旬。幻想的な「プロジェクションマッピング」や、その年話題となった人物やキャラクターなどの雪像を見ながら、屋台グルメを味えます。

雪祭り前もキレイ。さっぽろホワイトイルミネーション


(出典:https://white-illumination.jp/archives/photo/)

大通公園がきれいなのは雪祭りの時だけではありません。11月下旬から1月上旬まで、札幌市内のいろんな場所がイルミネーションで彩られます。もちろん、大通公園もその場所の1つです。

北海道旅行で雑誌の「るるぶ」を持ち運ぶのはもう古い!


全国のるるぶいろんな雑誌
月額500円(税抜き)で読み放題
→ こちらをクリック

旅行先を調べるのに強~い見方になってくれるのが雑誌「るるぶ」。でも毎年新しいのが出版されて、すぐに情報が古くなっちゃう。おまけに旅行に行ってしまうと、その後、ほとんどの「るるぶ」に用事がなくなってしまいます。ブックオフにすぐに売りに行ったことがありますが、その時の買取価格は50円でしたΣ( ̄□ ̄;)ガーン 楽しい旅の思い出にケチをつけられた感じがするのは私だけでしょうか?

そんな葛藤を解消してくれるのが、今話題の「サブスクリプション」。電子書籍の読み放題ってやつです。

るるぶがスマホで読めれば、旅先で雑誌を持っていかなくてもいいし、旅先で本を開かなくてもいいので超便利でした。(旅行が終わったら、その月のうちに解約させてもらいましたが、解約は簡単にできました。)

ブック放題なら、月額500円(税抜き)で全国のるるぶ(最新版)が読み放題。その他、フライデー女性自身などの芸能誌オレンジページサンキューなどの料理雑誌、oggiJJなどのファッション誌、将棋・野球・車などの趣味系雑誌など200種類読み放題!  漫画好きな方なら、漫画本も読めますよ。

今なら初月を無料でお試しできます。
→ こちらをクリック